オススメリンク
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
真っ白なダイニングテーブル

日本の家はだいたい築20年以上たつと、建て替えるケースがほとんどです。それはかつて、ほとんどが木造だったからです。
また木造家屋のために火事や地震などの災害の時に壊れやすいので、家というのは長持ちさせて住むものという感覚が昔からなかったのです。

しかし最近の高気密住宅は、火事や地震にも強い耐久性能の優れた家が建てられるようになっています。そのため50年や100年は暮らせる家などを、ハウスメーカーは開発しています。
それと同時にリフォーム技術の発達によって、家を改築しながら長く住むという生活様式が定着してきたのです。

最近の若い人は個性的な暮らしを好みます。画一的な分譲住宅を購入するより、不動産屋巡りをして適当な中古の一戸建てを見つけ、それをリフォームするという暮らし方が流行っています。
その方が費用を安くでき、しかも自分たちのライフスタイルに合った家にすることができるのです。
最近の少子高齢化によって、空き家が増えているという事情も影響しています。

不動産屋などはリフォーム需要を見込んで、中古の一戸建て物件を取りそろえているところも増えています。
不動産屋から購入した中古の一戸建てを、自分たちの好きなように手作りでリフォームする人たちもいます。
しかし基礎の部分や家の構造に関わる部分のリフォームはやはり専門の業者に頼んだ方が安全です。
庭にテラスを作ったり、部屋の壁を取り払って大きなワンルームにすることによって、新しい自分たちの家にすることができるのは楽しいことです。